エアフロー
982でオープンにして走ってみて、気が付いた事をいくつか。

#981→982でこの辺りは変更が殆ど無いので、987→982と言うより987→981の変化と言うべきかもしれません。

d0017527_19051305.jpg

まずは外側の肩(左ハンドルなら左側、右ハンドルなら右側)と、太ももの辺りの風当たりが弱くなりました。987のオープン時に気になっていたので、これはうれしい改善点。

それと、エアコンの効きもパワーアップしていますね。

しかし、膝のあたりが少し寒いのと、顔の上半分くらいの風当たりが強くなりました。

特にこの「顔の上半分」の件は少々厄介です。982の60km/hが987の90km/hくらいに感じます。

今までは髪の長い女性などを助手席に乗せたままオープンで高速道路に上がっても、90km/hくらいまででゆっくりと走っていれば特に問題はありませんでしたが、982では髪の乱れ対策無しに高速道路に上がるのは自殺行為です。

これは、987から981になった時にボディの長さが伸び、それに従ってフロントウィンドウ上端からウィンドデフレクタ(シート後方)までの距離が伸びた事による風の巻き込みの増加が原因・・・と、聞いたことがあります。

ポルシェでもこれは認識していましたが、検討の結果「問題無し」との判断だったとか。

実際乗ってみると結構風がきつくなっているので、これはなんとかなるといいなぁ・・・と思います。



そう言えば、981の世代からウィンドデフレクターが透明なプレートからメッシュになりましたが、これは風の巻き込みが増えた事によりウィンドデフレクターに加わる力が増加し、そのままでは危険故にメッシュにして力を逃がしたのかもしれませんね。

そう考えると、981用サードパーティ製の透明アクリル板ウィンドデフレクターへの置き換えは危険かもしれません。まぁ、サーキットを走らないレベルであれば問題ないのでしょうけれど。


[PR]
by akiyuki987 | 2017-01-14 19:03 | クルマ(my 718Boxster)
<< 左ハンドル 初給油 >>