ブレーキホールド


718ボクスターには「ブレーキホールド」という機能が付いています。

これは、停止状態にある時にフットブレーキを(少し戻して)素早く踏み込む事で、ブレーキを踏みっぱなし扱いでホールドする機能です。こうなると足をペダルから離してもブレーキは解除されません。

ホールド中はメーター内に「HOLD」の表示が出ます。
d0017527_17251537.jpg
ホールド中は通常のブレーキを踏んだ状態と同じでクルマは停止し、ブレーキランプは点灯、アイドリングストップは継続します。信号待ち中についうっかりとブレーキが緩んでエンジン再始動・・・とならないので便利です。

#アイドリングストップ中の再始動は、ブレーキを少し緩めるだけで起こってしまいます。

解除するにはアクセルを踏めばOK。つまり、「信号待ちではホールドしておき、青になったらアクセルだけで発進」と言った使い方が出来ます。

なかなか便利な機能ではありますが、ちょっと注意が必要な点も。

このホールド、いくつか「解除される時」があります。先程の「アクセルを踏む」もそうですが、なぜか「ドアを開ける」時も切れます。ここで、通常ならば代わりにパーキングブレーキが自動で作動しクルマを固定しますが、このパーキングブレーキ、じつはシフトレバーがニュートラルでは作動しません。

つまり、「停止し、ブレーキホールド」→「ギアをニュートラルへ」→「ドアを開けるとブレーキホールド解除するもパーキングブレーキ作動せず」→「もし坂道であればズルズルと・・・」などと言う事が起こります。

#ちなみに、この「ブレーキホールド解除→パーキングブレーキ作動」の連携には一瞬のスキがあり、坂道などではクルマが動き少々危険です。

そしてもう一点。先程から「アクセルを踏むと解除」と書いていますが、これは本当に「アクセルを踏む」であって「前進or後進する」ではありません。つまり、ギアをニュートラルにしたままアクセルを踏むと「ブレーキ解除するも前後進せず」→「坂道であればまたそのままズルズルと・・・」。

と、2パターンありますが、実は私は両方ともやらかした事があります。

私は、停止の瞬間のショックや停止後の不快な振動を回避する為に、停止直前にニュートラルにする事があるのですが、このまま発進しようとしてすると罠にハマります。

幸い、大事には至りませんでしたが、うっかりミスでエラーする少々危険なロジックですね。

「アクセルを踏む」ではなく「実際に移動する」事で解除するようにすればより安全では・・・と思っていたら、実はパーキングブレーキがそうでした。パーキングブレーキもアクセルで自動解除できますが、こちらは「踏む」ではなく「実際に移動する」事で解除されます。つまり、いくらニュートラルで踏んでも解除されません。

ホールドの仕組みよりも安全にしたいのならパーキングブレーキを使えと言う事でしょうが、でもパーキングブレーキはボタンが少し遠いのでしょっちゅう使うには向いていないのですよね・・・。

少々違和感の残る仕組みです。


[PR]
by akiyuki987 | 2017-03-12 17:30 | クルマ(my 718Boxster)
<< パドルニュートラル 1000km雑感 >>