<   2005年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ストーンガード

最近、ふと自分のボクスターをイメージすると必ず「白ボディ+青内装+青幌」が出てくるようになりました。どうやらお気に入り具合では「青系ボディ+ココア内装+ココア幌」を抜いたようです。原因は恐らく大阪モーターショーで見た「白ボディ+青内装+青幌」のF430スパイダー。



d0017527_2340087.jpg

この写真では良くわかりませんが・・・(汗)。こちらにわかりやすい写真があります。



ちなみにこのカラーリングのF430スパイダー、先日オープンしたポルシェデザインショップから徒歩1分程度の所にこれまた先日オープンしたCORNES梅田ショールームに実車があります(ここでちらっとだけ写真が見れます)。



さて、ここからが本題。

ボディを白にすると気になるのが、リアフェンダーに張ってあるストーンガード。

d0017527_23422845.jpg


これは先日の試乗の時に撮影した987ですが、すでにはっきりとわかるくらい変色しています。これはあまりいい感じがしません。そこでふと思いました。

「白いから汚れが目立つんだよなぁ・・・濃色系の別の色に貼り替えたらどうなるかな?」

・・・と、ここまで考えて、思い出しました。ポルシェにはこんなのがあったことを。

d0017527_23431792.jpg

イメージ的にはこんな感じでしょうか。

幌車なので、幌に合わせて紺色でコーディネイトすれば、結構オシャレかも・・・。

そう思って貼り替えが可能かどうか担当さんに尋ねると、貼り替え自体は可能ですが、コレは「白いシールが貼ってある」のではなく、「透明のシールでボディカラーが透けて見えている」のだそうです。これではストーンガードを紺色にすることは出来ません。

確かに、色付シールだとボディカラーの分だけバリエーションを用意しなければならず、さらにカスタムカラーなんかされた日にゃタイヘン面倒な事になるので、合理的に考えれば透明しかありませんが・・・ちょっと残念だなぁ。

・・・なんて事を考えながら今日は休日出勤していました(←仕事しろ)。
[PR]
by akiyuki987 | 2005-12-25 23:45 | クルマ(ポルシェ)
ケイマンS&ボクスター試乗

先週に引き続いてポルシェセンターに行ってきました。目的はケイマンSの試乗。あらかじめメールで問い合わせた所、「試乗車アリ」との事なので予約して行きました。


d0017527_23571659.jpg

試乗車は18インチホイール、PASM、スポーツクロノ、スポーツシート付きのTipです。走行距離はまだ250キロほど。


担当さんがケイマンSにキーを差し「どうぞ」と言って下さったので、乗り込みます。乗り込んでまず感じたのが、スポーツシートのぴったり感。サイズ的に私にぴったりで、程よく、そしてしっかりと体をホールドしてくれます。これは・・・想像以上に好印象です。また欲しいオプションがひとつ増えてしまいました。

シートをあわせ、ミラーも調整します。サイドミラーから見えるリアフェンダーの盛り上がりがとてもそそります。ミラーで左折の巻き込み確認をするたびに、「ケイマンSに乗ってるよ!」とちょっと興奮しそうです。

さて、エンジンをかけ、走り出します。

まず最初に感じたのは、「音」です。メカニカルノイズが大きく、極端に言うと電気自動車の様なイメージの音がします。担当さんに聞いた所、素のボクスターよりもボクスターSやカレラに近い音だとのこと。コレが「ポルシェ」の音なのでしょうか。悪いと言うわけではありませんが、外から聞いていたイメージと違うのでちょっと違和感を憶えます。

さて、経験少ない左ハンドルではありますが、Tipなので運転は極めてイージー。全くもって問題ありません。どんな速度域からも、踏めば瞬時に加速しますし、もちろん試乗程度でブレーキや剛性感に不満のカケラも感じません。ただ、やはり機械任せのシフトにはイメージとのずれを感じることが何度かありました。まぁ、この辺りはマニュアルモードや慣れで問題無いのでしょう。

PASMがついていたので、ハード側に切り替えます。すると・・・話には聞いていましたが、驚きました。一瞬で乗り味が変わります。かなり硬くなります。S2000と同じくらいの感じでしょうか。でも、S2000と違って最後の最後、ほんの少しだけカドが丸い様な、そんな気がします。

ちょうど先頭で信号にひっかかった時に何度か全開加速をしました。「想像を絶する」とか「背中を蹴飛ばされるような」加速ではありませんが、非常に安定して、安心してどんどん加速する事が出来ます。また、最初に気になった音も、とても情熱的なものに変化し嫌にも気持ちが盛り上がります。MTと違ってどんどんシフトアップしてしまうので、気をつけないとすぐにとんでもない速度になりそうです。



さて、次にお願いしてボクスターにも試乗させてもらいました。

こちらは2.7L、17インチ、PASM無しのMT。前回と同じクルマです。

外気温は8度です。少し寒いかな・・・と思いましたが、シートヒーターの威力を確認すべくオープンにして、ヒーターをONにして走り出します。

実は、「3.4LのケイマンSの後では、2.7Lでは不満を感じるのでは・・・」と思っていたのですが、結論から言って全く問題ありませんでした。ほとんど差を感じません。いや、あまりにも差を感じなかったのでちょっと調べて見た所、ボクスター(MT)の0-100km/h加速6.2秒に対してケイマンS(Tip)が6.1秒。3.4Lと言えどもトルコンATのハンデは小さく無いようです。

少し走っているとシートヒーターが暖まってきました。すると・・・これはすごい。極めて快適。風の巻き込みも少なく、この程度の気温であれば全く問題ありません。あまりにも快適すぎて、助手席などでは眠くなる・・・かもしれません。オープン好きには必須の装備です。

前回にくらべてかなり左ハンドルMTにも慣れたようで、ドライビングポジションやクラッチもほとんど違和感はなく快適でした。が、シフトの感触はやはりなじめませんでした。これは是非6MTを触ってみたい所です。

音に関しては好印象です。今回はオープンと言う事でこもった感じも無く、また、道路状況によってはビルなどに反射して帰ってきた音も耳に入り、ついにやにやしてしまいます。



アクセルを踏めば、遅くも無く、速すぎることも無く、ちょうどいい加速が手に入ります。ほとんど使い切る楽しさと、ほんの少しだけの余裕・・・そんな感じでしょうか。




「2.7Lにするか、3.2Lにするか」ずっと迷っています。2.7Lで不満はありません。ではなぜ迷うのか?それは、「S2000と比べて、速さ的に大きな差が無い」と感じるからです(従ってS2000にも不満は無いのですが)。S2000に乗った時はその速さに慣れるまでしばらくおっかなびっくりな時期がありました。しかし、ボクスターにはそれが無く、最初から普通に冷静に底まで踏み込むことができます。

せっかくの「ポルシェ」です。もっとすごい加速も味わってみたい。しかし、おそらく、実際買えるかどうか別として、素のボクスターからボクスターSは可能でも、逆は考えにくい(ある意味カレラからボクスターはありそうですが)。つまり、今回が評判のいい「素のボクスター」を味わう最初で最後のチャンス・・・かもしれないのです。これは迷います・・・。色やオプション以上に難題かもしれません。



さて、ポルシェセンターから帰る時に、ふと思い立ってS2000でさっきの試乗コースを走ってみました。

乗り味は、確かにこちらの方が硬く、コツコツとあたりがあります。エンジンもざらざら感があります(このエンジンのざらざら感は4万キロを超えたあたりから気になりだしたもので、最初は全く感じませんでしたが)。

しかし、ボディの剛性感ではほとんど遜色無く、シフトのフィーリングに至ってははこちらの方が好みです。

結果として、既に走った6万キロの距離と値段の差を考えればやはりS2000はすごい・・・と再確認しました。
[PR]
by akiyuki987 | 2005-12-17 23:48 | クルマ(ポルシェ)
ケイマンSデビューフェア

ケイマンSデビューフェアに行って来ました。

ショールームにシルバーのケイマンSが一台と、裏に黒が一台ありました。

ショールームにはケイマンSの他にも黒のカレラと白のボクスターがあり、少し引いて眺めると視界に同時に2台入り、比較するのに好都合なレイアウトでした。

まずはケイマンSとカレラを比べると、やはりケイマンSのリアフェンダーのふくらみが猫科の後ろ足を想像させ、俊敏なコーナリングを連想します。それに対してカレラの方は女性的なリアから安定感をイメージさせます。

次に、ケイマンSとボクスターを比べると、エアロなど写真で感じるよりもはるかに差別化が大きいことに気が付きます。ぱっと見た感じ、「ケイマンSとカレラくらい、ケイマンSとボクスターも違う」イメージでした。ポルシェが「別の車種だ」と主張するのも頷けます。

さて・・・一通り感心した後、写真を撮ろうかと思いましたが他にも見ている人がいるのでジャマにならないように裏へ移動し、黒のケイマンSの方へ。

d0017527_21391851.jpg

既にナンバーがついています。担当さんに聞いた所、来週には試乗車が用意されるそうなので、コレでしょうか・・・。

今まで見たケイマンSは「19インチスポーツデザインホイール」を履いていたので、標準の「18インチケイマンSホイール」の実物は初めてです。このホイールがお気に入りの私は、しゃがみこんでしっかりチェックです。

d0017527_2139387.jpg

シンプルかつスポーティ。非常にいい感じです。でも、実際見て感じたのですが、色を塗るにはちょっと無骨かもしれません。

今考えている「紺ボディ+ココア幌」の場合はホイールに色は必要ありませんが、もうひとつの候補の「白ボディ+紺幌」の場合は、是非ともホイールにも紺を塗っておしゃれにまとめたいと思っています。でもその時コレは、少し似合わないかなぁ・・・。その場合、他のホイールを選ぶとしても、紺が似合うと思うホイールは全て19インチなので、コスト的にちょっと悩み所です。


こちらは、お店の裏に停まっていたボクスター。

d0017527_011423.jpg

「白ボディ+紺幌」の気になる組み合わせだったので、申し訳無いですが参考の為に無断で写真を撮らせてもらいました。

う~ん、お洒落です。でもやっぱりこの組み合わせならば、ホイールに紺は必須ですね・・・。


d0017527_21401192.jpg

ケイマンSのカタログと、時計をもらって来ました。相変わらず立派なカタログです。ちょっと先ですが、正月休みのお供にでもしましょうか・・・。
[PR]
by akiyuki987 | 2005-12-11 21:52 | クルマ(ポルシェ)
新型S2000試乗

少し用事があったのでホンダのディーラーに行ってきました。



店に入っていくと、白いS2000が目に入ります。

「あ・・・あのホイールは・・・新型?」

内装のブラウンも新しく設定されたカラーです。間違いありません。2.2Lの新型S2000が置いてありました。

d0017527_2119641.jpg

#すぐ後ろの青いS2000が私の初期型です・・・って、ほとんど見えませんが。



担当さんが出てきたので、話を振って見ます。

  「あれ、2.2Lですよね?」

  「あ、お判りになりますか?試乗車です」

少し汚れていたので既に納車されたユーザーさんのクルマかと思っていたら、なんと大阪には数台しかないと思われる試乗車です。試乗を予約した人がいたので取り寄せたとか。

その予約時間まで余裕があったので、お願いして30分ほど借り出す事にしました。



座り込んでメーターを覗き込みます。

d0017527_2123062.jpg

少し前のマイナーチェンジでメーターのデザインが変わっており、このデザインは2.2L専用ではありませんが、このメーターをじっくり見るのは初めてなので観察してみます。

初期型に比べて時計と外気温計(←欲しい!)が組み込まれており、タコメーターが小さくなった分、右側に水温計と燃料計が半円を描くように大きく配置されています。水温計や燃料計など、走行中にちょくちょく見るものでは無いので、ここまで目立つ必要は無いのでは・・・と思います。慣れの問題もあるでしょうが、30分の試乗では今ひとつなじめませんでした。

エンジンをかけて見ると、アイドリングなどはほとんど変化ありません。アクセルを踏むまでは音もこの性能のクルマにしては静かです。これならば深夜、早朝の住宅街でもそれほど気を使う事は無いと思います。

さて、実際動かしてみると、発進からトルクが増えたのをしっかり感じます。初期型では今でも気を抜くと発進時にエンジンがグズる事があるのですが、新型では全く気を使う必要がありませんでした。

さらに、排気量の違いを大きく感じるのはVTECが切り替わって高速側になってからです。初めて上まできっちり回した時はその加速感の違いに思わず「おっ」と声が出たほどです。

しかし、トルクが太った事、リミットが9000→8000回転と下げられた事の影響は思ったよりも大きく、あっと言う間に吹け上がってしまいます(ギア比も変更されたとの事なので、それもあるかもしれません)。メーターを見ずに「このへんでいっぱいだろ」と感覚でアクセルを戻すと一瞬送れてリミッターに蹴られる事が何度かありました。初期型で9000まで回すと、最後の1000回転ほどいまだに緊張感で「歯をくいしばる瞬間」があるのですが、それがありません。あっと言う間にリミットまで行ってしまいます。街中では実際リミットまで回すことはほとんど無いのでそれほど問題では無いと思いますが、サーキットなどに持ち込むとシフトチェンジがとても忙しいのではと思います。

音は、初期型の乾いた音からほんの少し太い感じになっていました。また、排気音に混じってほんの少しだけ何の音か判りませんが、「ヒュイーン」と言う、初期型には無い音も混じっています。

ミッションはどのギアも全体的に少し渋くなじんでいないようでしたが、これはまだ走行600キロそこそこだからでしょう。私のS2000も1速2速がなじむまでに10000キロ程かかりましたし、1速に至っては冬の朝などではいまだに入りにくいことも。

ブレーキは、効きのイメージは初期型とあまり差はありませんでしたが、ペダルが軽くなっていました。私の初期型も最初に比べるとある程度軽くなったのですが、それよりもまだ幾分軽く感じます。

試乗車は初期型よりも1インチアップの17インチを履いていましたが、乗り心地はずいぶんと良くなっていました。先程試乗した987(17インチ、PASM無し)には及びませんが、これだと長距離の疲れも随分と違うのではないでしょうか。

さて・・・2.0Lのと2.2L、どちらを選ぶかと言われたら・・・9000回転の魅力を体験した事が無いのであれば、2.2Lの方が扱いやすくていいと思いますし、8000回転でも充分刺激的です。しかし、9000回転がまた格別なのも事実で、非常に迷います。個人的には「新たに買うならば2.2Lだが、あえて2.0Lを買い換えるほどでは無い」でしょうか。初期型には初期型にしかない魅力があり、もちろん新しい物にはそれ相応の魅力がある。未だに何世代も前のクルマに、それにしかない価値が存在する、ポルシェやフェラーリにちょっと近い・・・のかもしれません。

d0017527_2124891.jpg

さて、用事を終えて帰る時に担当さんが「新型S2000のカタログ、持って行かれますか?」と聞いてきたので「あ、是非お願いします」と答えました。

すると、担当さんはカタログを差し出しながら「来年車検ですよね(にこっ)」と・・・新型の価格表も一緒に手渡してくれました・・・。


・・・ごめんさない担当さん、私はあなたの期待に答える事はできません(汗)。
[PR]
by akiyuki987 | 2005-12-04 21:09 | クルマ(S2000)
キズが消える!?

なんと、「ひなたぼっこをしていると細かいキズが自然に回復する」と言う冗談の様な塗料が開発されました。


共同通信「洗車の傷、自然に消えます 日産自動車、新塗料を開発
時事通信「傷が勝手に直る塗料開発=世界初、日産が開発


全てのクルマに採用されるわけでは無く、「特別仕様車で市場投入」と言うあたりから無視できない程度のコストはかかりそうですが、車種がエクストレイルであることからして滅茶苦茶高いわけでは無さそうです。

#ポルシェのメタリックペイントの方が高いかも(笑)。

コレは・・・「ソリ黒の磨き傷もコレで解決!」なんて事になったら、非常に気になる人が多いのではないでしょうか?
[PR]
by akiyuki987 | 2005-12-03 01:36 | クルマ(その他)
オーダー時期

以前、ポルシェセンターで担当さんに聞いた時は「07モデル納車第一号希望ならば、オーダーは来年の3~4月頃」と、ポルシェをオーダーするとしては納期約半年の標準的なタイミングでした。しかし最近、

    「06モデルは既に完売」
    「ケイマンSに枠を取られて、ボクスターの枠が激減」
    「MTは数が少ないので、MTのみ余裕無し」

などなど、非常にハラハラする話を良く聞きます。

なので、気になったので時期に変更は無いか問い合わせてみました。


すると、お世話になっているポルシェセンターでは特にオーダー時期の変更は無く、現在もまだ在庫車などの余裕もあるそうです。

取りあえずは一安心です。
[PR]
by akiyuki987 | 2005-12-01 23:55 | 購入記